« 自宅へ戻ります | トップページ | 天狗山 »

2011年9月 3日 (土)

どうして坊や

長男蒼太が最近「どうして?」といろんなことを聞いてきます。

どうして雨は降るの?

という問いに少ない知識で分かりやすく説明。
「水は寒くなったら氷になるんだね」と言うのでビックリしました。
そんなこと教えたっけなぁ??
固体-液体-気体 この関係を分かったみたい。

この質問は寝る前だったから、ゆっくり話せたけど
どうして攻撃は時と場所を選ばない・・・

17時半ぐらいに夕飯が出来てなくて、次男が泣き、自分は空腹、旦那は仕事・・・
そんな時に「どうして?どうして?」と聞かれると
正直「うるさーーーい!!!」と思ってしまいます。
でもなるべく答えるようにしております(´∀`;)


それからトイレトレーニングですが
おしっこは生活の節目で誘えば、トイレでしてくれるようになり
オムツが全然濡れない日がでてきました。
遊びに夢中になったり、私が誘うのを忘れると失敗することもあります。

思い切って布パンツにしてみると、失敗ばかり。
布パンツは気持ちがいいのは分かるけど
しちゃダメだと分かっているけど、緊張するようで失敗してしまうそうです。

たまに自分から「おしっこ出る!」も言えるようになったので
きっとあと少しなんでしょう。

ウンチが苦戦してまして、でも今日初めて蒼太自ら「ウンチでる!」と言えて
トイレでウンチが成功しました♪(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
ちょうどパパもいたから二人で大喜びして、とってもいい顔してました。

たいてい隠れてオムツにウンチして、私にもなかなか言わないでいたんです。
厳しくしても、物でつってもダメ、ご褒美シールもダメ
私もウンチに関しては諦めていました。

まずおしっこが自己申告で行けるようにならないとダメかなーと思い
どこでウンチしても、怒らずに受け止めようと開き直りました。
「蒼太~トイレって怖い?」と聞くと、「怖い」というので
電気代がもったいないけど、いつでも電気をつけて
犬のぬいぐるみを置いたり
テープに目と口を書いてトイレに顔をつけて

「トイレさん、遊びにきて~って言ってるよ」とか
「ワンワンが寂しいからトイレに来てほしいって言ってるよ」とか
「トイレさん、ニコニコしてるね。蒼太来てくれて嬉しいんだって」と擬人化してみました。

私がいない部屋で隠れてしていたのが
少しずつ見える部屋でするようになり
「ママ、ウンチでた!」と言えるようになり

だんだんトイレの近くで出来るようになって
昨日はトイレのドアに手をついて、立ったままオムツでしてて

「ウンチでて良かったね!スッキリしたね!
トイレ行こうとしたけど間に合わなかったんだよね。蒼太すごいね!」と言うと

「うん。間に合わなかったんだ~」と、悔しそうに言ってました。
そして今日成功!!とっても嬉しかったです。

赤ちゃん返りもしていて
弟をいじめることはないけど
忙しい時を狙って、私にベタベタしてきたり
出来ることを、私にやってほしいと言ってきたり
弟のオムツ替えコーナーにごろんと寝たり

「お兄ちゃんなんだから・・・」は禁句らしいので
そこはぐっと我慢して、蒼太優先で
オムツも赤ちゃんみたいに取り替えてあげたり
おっぱいも吸いたいみたいなので吸わせたら
すっごいニヤニヤして「吸い方忘れた」と言ってすぐやめて

それから数日して
「蒼太は3歳だから○○出来るの」と言って
いろんなことを一人でやろうとするようになって、変わったなぁと思いました。


次男のだいちゃんは、よく飲んで寝る良い子です。
泣く時はオムツかおっぱいか抱っこで要求がハッキリしてます。

最近は「あうー」とか声を出すようになって
お返事するとニッコリ笑ってくれたりして、萌え萌えします(*´д`*)

母乳だけで一日50g増加中です。もう6キロ近くあります。
だいちゃんの体重の増加スピードが早くて、私の筋力回復がおいつかなくて
抱っこがしんどいです。

いっぱい飲んでくれてるけど、母乳が出すぎてしこりができるので
マッサージに通っています。
早く需要と供給があえばいいなぁ。

母乳が出すぎているせいか、体重がすごい勢いで落ちて
お腹がすぐ空きます。あぁ、もう小腹すいたなぁ。

明日は旦那が宿直なので、家事をサボりに実家へいってきますw

|

« 自宅へ戻ります | トップページ | 天狗山 »

育児 3歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/53190006

この記事へのトラックバック一覧です: どうして坊や:

« 自宅へ戻ります | トップページ | 天狗山 »