« Creation Kitchen ONTANA@札幌市中央区 | トップページ | 昼と夜の境い目 »

2008年3月19日 (水)

22W6D

タイトルは妊娠22週と6日という意味です。妊娠6ヶ月の後半です。

今日は一ヶ月ぶりの妊婦検診に行ってきました。

仕事が忙しい&有給がもうないので

仕事中に抜け出して病院へ。

いつも15人くらいは待っているのに、今日は珍しく5人くらいしかいなくて

到着してすぐ尿とって、手を洗っている時にすぐ呼ばれて焦りました(^_^;)

慌てて血圧測定&体重測定。心臓ドキドキしてたけど血圧は大丈夫でした。

むくみもナシ、赤ちゃんの成長も週数ピッタリ。

血圧、体重、尿検査も問題ナシ。逆子にもなってないし

先生からも「お腹がやわらかいからいいことですよ。」と褒められました。

なんかすごい順調なんですけど。すごいね。いいことだね。

Ca390174

エコー写真はもう大きすぎて部分的にしか写りません。

左が頭、右が足でお尻を下から見た角度かな?

大腿骨と写真じゃわかりにくいけど♂が写ってます。

今日も丸出し。隠す様子まったくナシ。

推定595g。体長は30センチくらいらしい。

スピッツのライブが月末にありますが、その時には妊娠7ヶ月に突入。

この調子なら無事に行けそうです+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

  

さて仕事ですが、旭川に新たに派遣さんを採用することになり

私が営業のことを少し教育することになって、昨日実施しました。

旭川の所長は私より12コ年上だけど、私のことを「姉さん」と呼びます。

そんな姉御肌じゃないのに、いつも頼ってきて「姉さん、頼む!」と言ってきます。

派遣さんにも「姉さんの教育受けてきて」と言ったみたいで

なんか変な誤解をされてないか一応確認してみました。

  

私 「私の事、姉さんって呼んでた?」

派遣さん「はい。姉さんに聞けばなんでもわかるから~って言ってました。

      姉さんだから所長より年上だと思っていて、でも実際会ったら若くて

      ものすごいアンチエイジングしてるんだーと思って」

私 「あ~やっぱりね。所長より年下なんだよ。なのに姉さんって呼ぶんだよね~」

派遣さん「やっぱりそうですよね~」

ちょっと面白いやりとりでした。誤解がとけて良かった。

  

旭川の派遣さんは人懐っこくて仕事が早い人でした。

心配なのは伝説の女からも教育を受けるということ・・・

しかも来週末に伝説の女が実際に旭川に行って、現場を見て教育するらしい。

旭川の所長は「本当は姉さんに来てもらいたかったんだけどさ

身重の姉さんには頼めないわ」と、しょうがなく伝説の女に頼んだらしい。

ちょっと心配だったけど、彼女ならヤツのダメさをすぐ見抜けそうで安心しました。

  

私の後任の人もすごく話しやすい人で、仕事を丁寧にする人という印象。

忙しくなってきて説明の途中に急ぎの依頼が入ったりするけど

なんとかついてきてくれています。ちゃんと分からないことは聞いてくれるし。

スピードは慣れたら出てくるでしょう。そこまで求めそうになるけどガマンガマン。

なんだかいろんなことが無理なく進んでいます。ありがたいことです。

|

« Creation Kitchen ONTANA@札幌市中央区 | トップページ | 昼と夜の境い目 »

仕事の話」カテゴリの記事

妊娠 5~7ヶ月 中期」カテゴリの記事

コメント

引継ぎ期間が長いし、いい人がきて良かったですhappy01
スタンディングライブは無理ですが今回のは座れるので行きます。
PS3はでかいです。もう少しソフトが充実してほしい・・・
子供が生まれたてのうちは外出できなさそうなので勢いで買ってしまいました。

投稿: 凛→neconekoさん | 2008年3月22日 (土) 23:50

なんだかイイかんじの方が来たみたいで
ホント良かったですねhappy01
妊娠7ヶ月でライブとはスゴイびっくりです。
とにかく全て順調で何よりです。
それと、とうとうPS3を購入されたのですね。
そかーPS2が壊れれば買えるのかー
よしよし・・・ウチのも・・・smile

投稿: neconeko | 2008年3月22日 (土) 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/40560290

この記事へのトラックバック一覧です: 22W6D:

« Creation Kitchen ONTANA@札幌市中央区 | トップページ | 昼と夜の境い目 »