« COUNTDOWNJAPAN 06/07 まとめレポ① | トップページ | 2007年の目標 »

2007年1月 7日 (日)

COUNTDOWNJAPAN 06/07 まとめレポ②

また昼夜逆転生活になっています・・・ダメだなぁ~

なんだか何もする気が起きなくて、一日中だらだらしてました。

やっと少しヤル気が出てパソコンの前に座りました。

CDJまとめレポの続きを書きます。

31日 この日も少し遅めに到着し、ロッテリアで昼食。

少年ナイフ(COSMO STAGE)

高校の時に「Rock Animals」というアルバムに出会って

英語詞を見ないで歌えるほどハマっていたんです。

ライブを見るのはこれが初めてで、すごく楽しみにしていました!!

2006年は25周年記念のトリビュートアルバムがでまして

甲本ヒロト、BEAT CRUSADERS、eastern youth、MO'SOME TONEBENDERなど

豪華なアルバムになっております。

さてさてライブですが、世界で活躍している彼女たち。

観客には外国人の方もちらほら見えます。

最初はそれほど前方にいなかったのですが、だんだんと客が増え

入りきらないので前につめて下さいとアナウンスされるほどに!

かなり前方でギタープレイに釘付けで、カッコよかったー!

全員参加型の曲をやりまーす!ということではじまった

「Sushi Bar Song」では旦那も楽しそうにしていて良かったです。

最後は昨年同様ビークルが乱入し

「Rock Animals」から「Cobra Versus Mongoose」をやってくれて

あっという間でした。楽しかった!

  

SOIL&“PIMP”SESSIONS(GALAXY STAGE)

少年ナイフ後、クロマニヨンズをちら見してGALAXYへ。

社長のブログにセットリストがあったので拝借

Suffocation
MEMAI
SAHARA
閃く刃
Summer Goddess
i-Rony
SATURIKU

ソイルも初めて見たのですが、爆音ジャズがこれほどすごいとは!

観客は前方にぎゅうぎゅうつめることはなく

それぞれ周りに少しゆとりを持って踊りまくるというスタイル。

  

椎名林檎が音楽監督を務める映画『さくらん』の主題歌

椎名林檎×SOIL & "PIMP"SESSIONS「カリソメ乙女」

DEATH JAZZ ver.が配信限定リリースされております。これもイイんだな~

  

100s(EARTH STAGE)

Hyaku-Shikiと読みます。

旦那に終わった後「歌ってるのって女の人?」と聞かれ

そう思ってもしょうがないほど透き通る声。

一曲目「キャノンボール」

一番後ろにいたけど、サビに入る前には

一人我慢できずに飛び出しフロントエリアへ!

途中、携帯を旦那に預けたままなのに気付き

引き返した後は一番後ろで聞いてました。

アルバム「oz」から二年、ニューシングル「希望」が2月14日に出るようで

それもやってくれました。

欲を言えば「Honeycom. ware」も聞きたかったー

  

木村カエラ(EARTH STAGE)

100s終了後、旦那と合流。

フロントエリアは男性増加。やっぱ人気あるよねー

少し後方で見ようとすると旦那に止められる。

Σ(゚Д゚;エーッ!  前で見たいらしい。これには驚きました。

ライブ慣れしてないのにフロントエリアで大丈夫なの??と少し心配。

でもなんだかんだあっという間で

東京モード学園のCMソング「TREE CLIMBERS」からスタート。

いきなりきたかー!(゚Д゚)ノ (゚Д゚)ノ 会場が揺れる揺れる!

「リルラリルハ」はもちろんシングル曲をたくさんやってくれました。

ただカワイイだけじゃない彼女の幅の広さを感じましたね。

  

カエラ後、ずっと動いていたので小腹が空いて、年越しそばを食べて

いよいよカウントダウンです。

  

吉井和哉(EARTH STAGE)

夏フェスがすごい良かったと聞いていて

夏フェス後に出たアルバム「39108」

煩悩にありがとう、という意味と39歳の自分の誕生日10月8日にひっかけたタイトルで

これも素晴らしかったので期待大!

最前ではないものの、フロントエリアで見ることに。

EARTH STAGEは2万人以上が収容可能なステージで

両サイドにはスクリーンがあって

ライブ中のアーティストの表情なんかが映し出される。

ライブがはじまる前は注意事項や宣伝などがずっと流されています。

そのスクリーンに

  

NEXT ARTIST 吉井 和哉

  

が映し出されると

地鳴りのような今日一番の大歓声!!

吉井さんは白いフリルシャツとジャケットに、細い真っ赤なラメのパンツで

31日=紅白 な衣装で登場。金髪がいいよね~。ロックスターだねー

私がちょっと心配してたのは

うちの旦那みたいなイエモン時代しか知らない人が

盛り上がるのだろうかってことでしたが

一曲目は「39108」から「ALL BY LOVE」

意外と皆、拳を上げて盛り上がっていて

そんな心配は無用だったなーと思いました。

私の好きな「WEEKENDER」

スクリーンには、2007年まであと○分の表示が!

「FINAL COUNTDOWN」を歌い終わって、数分残っていて

KREVA登場。一緒にカウントダウン。

  

10! 9! 8! 7! 6! 5! 4! 3! 2! 1!

  

バーーーーーーーーン!!!!

  

花火、爆音そして感動の中、2007年を迎えました。

前にいた女の子達が抱き合って喜んでいて

なんだか恥ずかしくてそれはできなかったな。

新年の挨拶しようかなーと躊躇していたらすぐに曲が始まって

それが「LOVE LOVE SHOW」だから

もうみんなジャンプジャンプ!踊るし唄うし大盛り上がり!!

私は年越しそばで軽く腹痛になりながらも弾けておりました。

中盤、YOSHII LOVINSON名義の「TALI」が

アコースティックバージョンですごい良くて

スクリーンに映し出されるアニメーションに込められたメッセージ

曲が終わって一言。

「みんな仲良くね」

  

YESTERDAYはスクリーンに日本語詞が出たんだけど

間違ってしまって悔しそうでした。

イエモン時代の曲もやってくれましたよ。

旦那は「Spark」が聞きたかったみたいですが、残念ながらアンコールは「楽園」でした。

お腹いっぱい大満足の60分間でした。

  

除夜の鐘を聞いて煩悩を浄化するのもいいけど

音楽まみれで幸せな年越しができたことを幸せに思います。

  

セットリスト

1. ALL BY LOVE
2. WEEKENDER
3. FINAL COUNTDOWN
4. LOVE LOVE SHOW
5. 人それぞれのマイウェイ
6. 黄金バッド
7. HOLD ME TIGHT
8. CALL ME
9. TALI
10. YESTERDAY
11. バラ色の日々
12. パール
13. BLACK COCK’S HORSE
14. BELIEVE

アンコール
15. 楽園

  

|

« COUNTDOWNJAPAN 06/07 まとめレポ① | トップページ | 2007年の目標 »

音楽 ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/14799251

この記事へのトラックバック一覧です: COUNTDOWNJAPAN 06/07 まとめレポ②:

« COUNTDOWNJAPAN 06/07 まとめレポ① | トップページ | 2007年の目標 »