« NANO-MUGEN FES.2006 二日目 | トップページ | 慰労会 »

2006年7月24日 (月)

どこへ向かうべきでしょう?

ASIAN KUNG-FU GENERATION公式HPより

ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のアリーナツアーが今年11月からスタートすることが決定しました!

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 酔杯 2006-2007
”The start of a new season"

2006.11.11(土) 幕張メッセ展示場ホール9・10・11
2006.11.12(日) 幕張メッセ展示場ホール9・10・11
2006.11.19(日) 名古屋レインボーホール
2006.11.25(土) マリンメッセ福岡
2006.12.09(土) 横浜アリーナ
2006.12.10(日) 横浜アリーナ
2006.12.15(金) 北海道立総合体育センター きたえーる
2007.01.10(水) 大阪城ホール
2007.01.11(木) 大阪城ホール

チケット料金 ¥5,300(税込)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

NANO-MUGEN.FESの二日目にメジャーデビューシングルである

「未来の破片」を久々に演奏してくれて

このアリーナツアーが翌日だったかな?発表になって

前の日記はナノフェスでテンションがあがってる時に書いたけども

ちょっと冷静になってきて、続きを書きたいと思います。

  

  

私はLivlyというブログペットを飼っていて  リンク(音が出ます)

あげるエサの色によってペットの色や大きさが変わったり

住まいである島も色々あって、かわいいのですよ。

  

でもペットというからには、ちゃんと世話をしないと死んでしまいます。

ちゃんと散歩もさせないといけない。

  

自分のリヴリーを散歩させていると

飼って数日で飽きて放置され、餓死しそうなリヴリーを見かけたり

むやみにモンスターと戦いリヴリーを殺して墓を集める人など

様々な人を見ます。

  

中でも特に怖いなと思うのは、子供ですね。

リヴリーをクリックするとプロフィールを見ることができて

だいたいの子供は年齢や学年を書いているので、すぐに分かります。

小学○年生とか雑誌に取り上げられているので、子供が増えています。

みんなが集まって話しをする公園で、暴言を吐いてケンカをしていたり

チェーンメールを必死でまわしたり

サーバーに負担のかかる技を出し続けたり

無知な子を騙してパスワードを盗む人がいるようです。

  

私は一切関わらない事にしています。

  

で、ここでアジカンに戻るけど

  

アジカンは

子供たちと正面から向き合おうとしているのかな?

  

どこまでの 未来の破片たち をすくい上げようとしているの?

  

破片を全部拾い上げようとしても無理があるんだよ。

    

そんなことを今日考えた。

  

スピッツは昨年一年かけてのんびりとツアーをしたんだけど

前半ホール、後半ライブハウスというまわり方で

スピッツにはファンクラブもあり

どちらかだけチケットが取れるという事だったんで

私は後半のライブハウスにしました。

首都圏はファンクラブに入っていても抽選でハズレる人もいたみたいで

私も第一希望の埼玉はハズレ・・・

第二希望の札幌が当選。飛行機代かけて行きました。

  

ファンクラブが欲しいわけじゃない

ホールでやってほしいわけじゃない

でも・・・どちらも通り越して辿り着いた答えがアリーナ?って思ったんです。

それこそ排他的なんじゃない?とも思った。

音楽が好きな人が増えてくれるのは喜ばしいことだと思う。

でも 未来の破片たち に伝うのかな?その想い。

希望を捨てちゃいけないのかな?

どこへ向かおうとしているのかな?

私はどこへ向かうべき?

まとまらない・・・。とりあえず今日はこれで終わり。

|

« NANO-MUGEN FES.2006 二日目 | トップページ | 慰労会 »

音楽 ASIAN KUNG-FU GENERATION」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ご意見ありがとうございます。

私、怖かったんですよ。
大きいところでやって、消えてしまうんじゃないかって。
隣の音楽好きなお兄ちゃん的存在から
遠くの世界の人になっちゃうんじゃないかって。

いつまでも同じではいられないですもんね。
新しい挑戦・・・
会場を超越するライブの凄さ・・・
それを私自身の体で感じてみたいと
あびさんのコメントを見て思いました。

あびさん、フジに行ってくるんですね。
フジどうだったのかな?気になります。

投稿: 凛 → あびさん | 2006年7月28日 (金) 20:29

せっかくのフジ前に苦しんだまま行くのもと思い書きました。
少し楽になったようで良かったです。
フジを終えてのきりん。さんの記事を楽しみにしてますよ。

投稿: 凛 → きりん。さん | 2006年7月28日 (金) 20:18

初めまして。
アジカン好き、スピッツ好きということで、いつもブログ読ませていただいてます。
今回のアリーナツアーのこと、いろいろなとらえ方があるんだなと思いました。
私は、凜さんのような抵抗はほとんどなかったです。後藤さんが日記で書いていた、10年目の新しい挑戦と言うコトバを見て。
もちろんファンのことを考えてと言うのもあるでしょうが、今回のアリーナについて、私はアジカンの挑戦ではないかととらえています。
去年のサマソニでアジカンを見ました。そして同じ会場でトリで聴いたオアシス、あの球場で聴衆が一体になった感覚は私が今まで感じたことのないものでした。残念だけど、その時のアジカンのライブにはそれがなかった。
会場の大きさとか超越する、ライブの凄さというものがあるということを初めて知りました。
アジカンがライブハウスにこだわる姿勢は私も尊敬しています。
でも今回は、大きな会場で今までの力がどれだけ試せるのかを彼らもトライしたかったのではないかしら。
私もナノフェスに参加しましたが、今のアジカンにはそういう力があると思います。今までアリーナクラスのライブで良かったと思ったことがないのですが、今回はすごく期待しています。
もちろんライブハウスを廻るツアーもしてくれるはずです。私はそういうところは彼らを信じてます。
多分今回は会社が云々、というのは違うと思います、というか違うと信じたい。アジカンはそういうこと(音楽について)に対しては、ものすごく頑固でシビアだと思いませんか?
今週末はフジロックに行ってきます。洋楽ファンの中でどれだけアジカンがぶちかましてくれるが、ものすごく楽しみです。
気に障ったらごめんなさいね。こういった意見もあると言うことで読んでください。長文失礼しました。

投稿: あび | 2006年7月26日 (水) 20:06

優しい言葉、ありがとうございます(><)

あぁ、会社側から…。
そうかもしれないですよね。。
そう考えると、ほんとに私って人の立場に立って考えられないなぁと…。
すごい反省してます。
でも逆に、そうであってほしいとも願います。
彼らの気持ちは、あくまで「できればライブハウスで」って方向でいてほしいです。「できれば」でいいから。

凛さんの新説で少し気持ちが楽になりました。
もし本当に本心から書いた日記だったとしても、私はその新説のまま思い込んでいく事が出来そうです。
盲目的になりそうですが、それでも気持ちはすごい楽になります。
ありがとうございます。

投稿: きりん。 | 2006年7月26日 (水) 01:16

言いたい事、吐いてもらっていいんですよ。
今日は新説を書いてみます。
アリーナツアーは会社側から強制的に決められたのかもしれない。
そう考えるとつじつまがあうんですよ。
本当のことを書いたら大騒ぎになるのは目に見えてるから、会社側からの圧力でああいう書き方になったのかな?と。
ナノフェスで注目を浴びてる時に発表というのもタイミングがおかしいです。
夢だったフジが終わって、そして新しいスタートですよね。

スピッツのベストを勝手に出された事件を思い出してしまいました。
でもスピッツは真実を語ってくれたんですよ・・・
フジで真実を語ってくれることを願ってます。
その時はレポよろしくお願いします。

投稿: 凛 → きりん。さん | 2006年7月25日 (火) 22:47

こんにちは。

ブログペットって、そんな殺し合いとかするんですね。
びっくりしました。しかも小学生達がしてるんだ…。きっと、その子たちにとったら
対戦ものの「ゲーム」感覚なんでしょうね。
でも、何かそれとは違う気がするんですけど…。やっぱ子供には子供の価値観がありますね。

彼らの向かおうとしている方向が時々分からなくなる時があるんですが、
あまり深く考えない方がいいんでしょうかね。
無理に背負わなくてもいいものを背負って、余計無理しているような気がします。
きっと、ライブハウスでもまたライブしてくれると思うんですが、
でも私にとってはそれで「良し」とは出来なくて。
言葉だけじゃ伝わらない部分ってたくさんあるけれど、あの日記にはなかなか納得できなくて。
中間的な立場で書いた言葉なのかもしれないけど、それが一番癇に障りました。

凛さんのブログでいつも言いたい事を吐いてしまってます…。
凛さんは私と違う考えがあるというのに…。
あの、「それはどうかな?」と思えば意見してくださっても全然構わないです。
(じゃあ書くなよって感じですけどね…苦笑)

投稿: きりん。 | 2006年7月25日 (火) 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/14799738

この記事へのトラックバック一覧です: どこへ向かうべきでしょう?:

« NANO-MUGEN FES.2006 二日目 | トップページ | 慰労会 »