« FMトランスミッター&カーチャージャー | トップページ | iPod CM風画像 »

2005年9月18日 (日)

スピッツ

スピッツのアルバムを1枚ずつ

不定期に紹介していこうと思っております。

今日はファーストアルバムの「スピッツ」

音ログではこのジャケットが出ないのが不満

050918_013701

01.ニノウデの世界
02.海とピンク
03.ビー玉
04.五千光年の夢
05.月に帰る
06.テレビ
07.タンポポ
08.死神の岬へ
09.トンビ飛べなかった
10.夏の魔物
11.うめぼし
12.ヒバリのこころ

バンド名がついたこのアルバムは

他のアルバムと比べると歌詞は地味で暗いが

スピッツの根底にある概念が凝縮された

メロディーとのギャップが一番大きいアルバムかもしれない

ちょっと不思議な独自の世界に住む

良い子のフリをした少年の呟きのようなアルバム。

スピッツトリビュート「一期一会」でカバーされている曲も多い。

 

☆ ニノウデの世界

一曲目からガツンときません。

頼りない感じすらします。声が若いです。

いきなり冷たくて柔らかな小さな世界に閉じこもり、

おなかのうぶ毛に口づけて

最後にはボーっとしてたら石になってしまった。

ちょっとエロで怖い。マサムネはニノウデフェチなのか?

久々に歌詞カードを見ると新たな発見がありますなぁー

サビの「タンタタンターン」が耳に残ります。

このアルバムは、こういう独自の擬音語が多く使われます。

  

☆ 海とピンク

この曲は夏のイベントでたまに聞ける曲。

イベントでやれる明るい曲ですが、やはり歌詞は独自の世界。

「ピンクのまんまる」って何だろう?

「空いっぱい広がる」・・・想像したら気持ち悪い。

「ちょっと君を見て 海を見て あくびして」

想像をかきたてるような言葉の後には

「プラスチックでがっかり」

掴めそうで掴めない・・・

   

☆ ビー玉

ビー玉をタマシイに例えている。

「おまえの最期を見てやる」

「どうせパチンとひび割れて みんな夢のように消え去って

ずっと深い闇が広がっていくんだよ」

「空色のナイフを手に持って 真っ赤な血の海をとび越えて来たんだよ」

病んでる。これはかなり病んでる。

でもメロディーは、のほほ~んとしている。

「タマシイころがせ チィパ チィパ チィパチィパ」

この曲も擬音が印象的。

  

☆ 五千光年の夢

「すべてが嘘だったとわかった」

わかっていても妄想から抜け出せない。

五千光年という想像もつかない数字

「五千光年の夢が見たいな うしろ向きのままで」

隣にドラムの崎山氏の写真があるが

まさにそんな感じで、体育座りをして夢見がちな少年のイメージがある曲。

  

☆ 月に帰る

ギターの三輪氏が作曲。

ここまで同じようなテンポ、曲調が続くが

ここで少し幻想的な雰囲気に変わる。

「ハチミツとクローバー」というアニメが木曜深夜に放送されていて

今週、挿入歌として使われていました。

「真赤な月が呼ぶ 僕が生まれたところさ」

「ほどけた 裸の糸で めぐり逢えたみたいだね」など

輪廻思想を思わせるような歌詞は

今後も頻繁に出てくる。

 

☆ テレビ

前回のライブでやったと思う。

イントロが変わっているこの曲。

ライブではアレンジされていて、この曲だなんて分からなくて

すごいカッコよくて盛り上がった!

歌詞はスピッツの曲の中で、ダントツに意味不明。

「君のベロの上に寝そべって 世界で最後のテレビを見てた」

「パンは嫌いだった」

「カボチャとナスは仲良しか それもいいや」

「おなかの大きなママは思った まぶたを開けてもいいのかな

かまわないさ どうだ」

どうだって言われてもねぇ・・・

ママという言葉は今後もでてくる。

  

☆ タンポポ

スピッツは花の名前の曲が多い。

「ふんづけられて また起きて道ばたの花」

一見、前向きのような歌詞だが

「立ったまま心はしゃがみこんで泣いてた」

そしてまた、ふんづけられて

「どうかこのまま僕とここにいて欲しい」

起き上がりたくないけど、起き上がらないといけない

曲調も暗めだが歌詞も悲しげな曲。

 

☆ 死神の岬へ

三輪氏作曲。

ここで少しテンポの早い曲になるがタイトル通り、暗いイメージはつきまとう。

「誰もかもすごく疲れた」

「死神が遊ぶ岬を 目ざして日が昇る頃でかけた」

現実逃避を試みる二人は様々なものを見る。

「そこで二人は見た

歳老いたノラ犬を見た

ガードレールのキズを見た

消えていく街灯を見た

いくつもの抜け道を見た」

抜け道を見た後、どうしたのか書かれていない。

抜け道を通って現実と向かい合ったと願いたい。

  

☆ トンビ飛べなかった

飛べなかったんだよ・・・タイトルからして後ろ向き。

テレビまでいかないが、この歌詞も結構意味不明。

曲調が明るいので、さらっと口ずさんでしまうが

「独りぼっちになった 寂しい夜 大安売り」

「ちょっとたたいて なおった でもすぐに壊れた僕の送信機」

「正義のしるし踏んづける もういらないや」

コミュニケーション不全な感じがする。

ちょっといじけた子供のような、かわいらしさも感じる。

隣のマサムネの写真が、子犬のような目でかわいい・・・

 

☆ 夏の魔物

「一期一会」で小島麻由美がカバーしている。

夏の風景が鮮やかにイメージできる爽やかな名曲。

「幼いだけの密かな 掟の上で君と見た 夏の魔物に会いたかった」

夏の魔物は一度は見ているということになる??

「夏の魔物に会いたかった」というフレーズは繰り返し出てくる。

もし、もう一度会えていたら二人はどうなっていた?

魔物って何だろう?人によって色んな解釈が出そう。

 

☆ うめぼし

タイトルが強烈な名曲。

「一期一会」で奥田民生がカバー。

雑誌の対談で、互いの曲でカバーしてみたい曲は?という

質問の答えがこれだったような気がする。実現したわけです。

スカーレットのカップリングにもなっていたから知っている人も多いかもしれない。

ここまでは難解な歌詞が続いたけれど

「うめぼしたべたい僕は今すぐ君に会いたい」

ストレート。直球です。

ライブで(たぶん)一度だけアコギ一本で聞いたことがある。

すごい良かった。照れくさそうに歌うところが良かった。

  

☆ ヒバリのこころ

デビューシングルであり、ライブでの定番曲。

これが演奏されると、あぁそろそろ終わりかぁーと思う。

シングルなだけあって音の厚みも違う。

ここまでは後ろ向きな、淡々とした曲が続いた中

最後に前向きな曲で締める。

「僕らこれから強く生きていこう」

「行く手を阻む壁がいくつあっても」

「涙がこぼれそうさ ヒバリのこころ」

  

  

こういうのは初めて書いてみたんですが、いかがでしたか?

疲れるから、続けられるかちょっと心配・・・

|

« FMトランスミッター&カーチャージャー | トップページ | iPod CM風画像 »

音楽 SPITZ」カテゴリの記事

コメント

スピッツすごい好きです。
中学のころ、はじめて買ったアルバムがスピッツのインディゴ地平線でした。その後は、ずっと洋楽のロック中心だったんですが、最近またスピッツに戻ってきちゃいました。 スーベニアいいですよね。これきくとなんかほっとします。
mukkuさんの曲紹介みててまた聞きたくなってきました。
ぜひ ほかのアルバムの紹介もつづけてほしいです


☆mukkuより☆
とちろうさん、はじめまして。コメントありがとう!
私はスパイダーあたりから気になって、ロビンソンでトドメをさされてからしばらくスピッツ一色でした。
最近は色々聞いていますよ。
今週末、スピッツの札幌ライブに行くのでレポをお楽しみに!
アルバム紹介はしばしお待ち下さいねー

投稿: とちろう | 2005年10月22日 (土) 06:57

はじめまして!
韓国のスピッツのファン、ケイです。
スピッツの歌なら、全部 大好きです。
 
 
☆mukkuより☆
はじめまして~。
スピッツ仲間だ!嬉しいなぁー
後ほどケイさんのサイト見てみますね♪

投稿: ケイ | 2005年10月 1日 (土) 01:03

わたしも、スピッツ大好きなんで、
次回の更新も、ぜひぜひお願いします!!!
楽しみにまってますよ~♪ヽ(´ー`)ノ

このアルバムだと「夏の魔物」が好きですw
「海とピンク」も好きだなあー。
この間のライブで「海とピンク」を聞いてから
ますますすきになった曲ですw
 
 
☆mukkuより☆
ありがとうございます~♪みんなから反響があって嬉しいなぁ~
どうおもしろいのか、どういいのかを砕いて表現するのに苦労してます。
次回もがんばります(>_<)

投稿: ゆき | 2005年9月20日 (火) 14:14

どもども!お久しぶりです♪

楽しく読ませて貰いましたよ~!!
これからも是非是非、続けて下さいね♪

今このコメント、「スピッツ」を聴きながら書いております!

私はこのアルバムだと、“テレビ”が好きなんですよねぇ~。

「不思議な名前も似合ってるね」って歌詞でキューーンと来てしまいます。

いや~私も10月のライブがとっても楽しみになってきましたわ!
 
 
☆mukkuより☆
トンガリさん、読んでくれてありがとー。・゚・(ノ∀`)・゚・。
テレビは私も好きですね。
今回は久々にじっくり聞いて新たな発見があって楽しかったです。
頑張って続けます!!

投稿: トンガリ | 2005年9月19日 (月) 00:07

はじめまして(たぶん)。くみです。
実は少し前から毎日ちょこちょここちらにお邪魔してましたー。
りらっくまとアジカンとくるりがだいすきなどさんこです。どうぞよろしくです。


スピッツいいですよねー。
ミスチルとスピッツはくみの青春です。
これ読んだら、またスピッツ聴きたくなりました。久しぶりですけど・・・。


くみのお気に入りは、「魔女旅に出る」と「スパイダー」です。


☆mukkuより☆
はじめまして!読んでくれてありがとうございます。
嬉しいなぁ~。道産子仲間!
しばらくアジカンモードだったので
来月のスピッツのライブに向けて
リハビリ(?)中です。
魔女旅をライブで聞いてみたいです!(聞いたことない)
スパイダーもやってくれないかなぁー

投稿: くみ | 2005年9月18日 (日) 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/5994176

この記事へのトラックバック一覧です: スピッツ:

« FMトランスミッター&カーチャージャー | トップページ | iPod CM風画像 »