« 営業は鬼ばかり | トップページ | きのとや 札幌スフレ »

2005年2月16日 (水)

伝説の算数話

伝説の女について
大事な伝説を思い出した!

営業さんが伝説の女に仕事を教えていた。
お客様が「四半期払い」で払いたいとのこと。

四半期払いとは
年四回、三ヶ月分ずつ払うこと

これで分かってくれないらしい。

営業さんが

「12÷4は何?」

と彼女に聞くと
彼女はこう答えた。 

 
 
 
 
 
 
「6?」
 
 
  
営業さんが驚いて
「エッ(゚Д゚≡゚Д゚)?」と言うと

さらに彼女はこう答えた。
 
 
 
 
「じゃあ7!」
 
 
 

えー!(;゚д゚)....

しかも自信満々…
 
 
営業さんは小学生に教えるように
「みかんが12個あるだろ?」
と、絵を書いて説明しだした。

私なら教えるのをやめて、キレますね。
営業さん、偉いわ。

「それを4回にわけて、うちの会社にくれるんだよ。何個ずつだ?」

彼女は「うーーん」と、うなるだけ・・・

こんな人もいるんです。
あなたの近くには、こんな人いますか?

|

« 営業は鬼ばかり | トップページ | きのとや 札幌スフレ »

伝説の女の話」カテゴリの記事

コメント

私がやろうか?といいたくなる
その人やばすぎです(V)o¥o(V)

投稿: mitie | 2005年2月21日 (月) 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/2949071

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の算数話:

« 営業は鬼ばかり | トップページ | きのとや 札幌スフレ »