« アクセスカウンター変更 | トップページ | 先行当選 »

2005年2月 6日 (日)

伝説の女

私の職場にいる人のことを、このブログに書こうか迷っていたが

伝説の一部を紹介しようと思う。

  

《簡単なプロフィールを紹介》

・ショートカットの平原綾香似

・現在28歳 女性 独身

・親のコネで入社

・大卒

・事務員として働いていた(遊んでいた)が

なぜか「営業マンになりたい!」と言い出し

昨年4月、営業マンになり私の職場へ

  

《彼女の営業スタイル》

免許をもっているがペーパードライバーな彼女。

一人で外出。

お客様から電話が入った。

お客様 「おたくの女性営業マンなんだけど、あれなんだい?」

電話に出た人 「なにかありましたか?」

お客様 タクシー乗ってきて待たせておいてさ
    書類ポンって置いていって
    またタクシーに乗って帰っていったよ!」

お客様ご立腹 (゚Д゚;アワワ・・・

  

上司と別な営業マンが謝りに行くはめに・・・

彼女は一人で外出することを禁じれらる。

  

《ランチを彼女と二人でしかたなく行った人の話》

二人とも840円のランチを食べ

まとめて払った人(彼女より年上)に彼女は

「割り勘でいいですよ」と言い

1000円札を出し

お釣200円でいいですよ」と言う

ヤツの頭の中は

1000 - 840 = 200

もしくは消費税を考慮しない主義

そして

10コも年上の人に対する口のきき方がおかしい

  

《契約料金の話》

30%値引きしようとか

営業なのでよく出てくる計算。

  

Q:50,000円の30%っていくら?

  

A:・・バシバシ・・・

  

彼女は計算機を使うが答えられない

  

そのやりとりを近くで見ていた私が

Σ(゚Д゚;エーッ!  ビックリですよ

  

Q:10,000円の30%はいくら?

  

A:・・・・バシバシ・・・・・・バシバシ

  

答えられない

そして激しく計算機を叩く

  

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

  

見てられなくなった私は口を挟んだ

  

Q:一万円の服の50%OFFは?

A:「5000円!」

即答したよ、こいつ!

  

Q:じゃあ10,000円の50%は?

   

A:・・・バシバシ・・・・

  

同じ答えなのに、答えられない・・・_| ̄|○ il|! 

  

っていうか、なぜ計算機を使う???

  

計算方法を教えた

  

しかし、わからないと言う

  

このやりとりに20分

教えていた人に

「人として、このぐらいの計算はできないとさぁ・・・」

と言われる始末

  

《伝票》

伝票には必ず明細をつける

例   120
    100
小計 220

    200
    300
小計 500

合計 720

720円で出さなくてはいけない伝票を

1,220円で出してくる

  

ヤツの頭の中

  ↓↓

小計小計合計=伝票記載額

な、なぜ???

  

正しいのは

小計+小計合計伝票記載額

と、教えているが何回も間違う。

小計の意味から話さなくちゃいけない。

   

仕事を教えるにしても

小学生レベルの算数・国語から教えなくてはいけない

非常に時間がかかるうえに

教えたことを、すぐ忘れる

意味ねぇーよ・・・_| ̄|○ il|! 

  

《最後に名言集》

この不景気。なかなか就職できない娘を、父が頭を下げて入社させた。

コネでやっと就職できた、伝説の彼女の一言

「私はイヤだったんだけど~

どうしてもって言われて入ってやったの」

  

昨年の忘年会のスピーチ

テーマは「来年の抱負」

  

「私は人間的にダメだと思ってますが

皆さんもダメです。

これで皆さんが明日から

口をきいてくれなくても構いません」

  

すごい挑戦的な抱負・・・

お前に言われたかねぇー 凸(゚Д゚#)

  

今では、どんな仕事でもをまかせられなくて

事務所で一日中ぼーっとしてます。

電話もなかなか取らないし・・・

あれで同じ給料もらってるのが腹立たしい。

このへんで今日は終わります。

  

|

« アクセスカウンター変更 | トップページ | 先行当選 »

伝説の女の話」カテゴリの記事

コメント

どうも☆彡
過去の記事から読んでみようと思いまして・・

ついこの伝説の女に釘付けになってしまいました。。

私、今職探し中なんですけど、ムカつきますもん!!

何でこんな奴が・・・(・_・;)
絞め上げた~い!!!

あぁ~会ったことない人にこんなにメラメラ来たの初めてかもぉ。

伝説の女・・恐るべし!


☆mukkuより☆
過去の記事、読んでくれたんですね~。嬉しいな~!!!

伝説の女・・・本当に恐ろしい人でした。
上司は髪が抜け・・・
ヤツの世話担当になった営業さんは白髪が増え・・・
そしてセクハラ疑惑をかけられた営業さんと
私達まで転勤させられ・・・

私も白髪が増えたんですが
最近根元が黒いのが生えてきましたよ!

今、札幌では大変なことになっているようです。
でもアイツは、のほほ~んとしてる。

いつか天罰がくだることでしょう!

必ず自分の行いはループして自分に返ってきますよ!

そう思わないとやってられねぇ~ (-∀ー#)

投稿: トンガリ | 2005年8月 6日 (土) 10:44

ばんばんっ!┃☆ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!
ウケル!!いや~やはり彼女の話は面白いね!!
今はどうしているんだろう?mukkuちゃんいなくなって。
もしまた面白い情報あったら教えてねっ!

投稿: inner universe. | 2005年4月12日 (火) 10:47

コメントありがと~!
強く言えば「辞めたい」「死にたい」など言い、
優しくすれば調子に乗って、挑戦的な態度に出られるので
どう接したらいいか分かりません(´Д⊂
でも野放しにしておくわけにもいかないし・・・
最近、営業グループでは彼女が帰った後に
「彼女を今後どーする会議」が行われています。

投稿: mukku | 2005年2月 6日 (日) 23:26

…覗き見てます(笑)
忘年会の「来年の抱負」って発言ですが、それは「抱負」なんでしょうか?
ダメ出ししているだけのような…?
「駄目だから来年はこうなる」という発言はなかったのでしょうか?(汗)
あ、私もココログはじめました。

投稿: mee | 2005年2月 6日 (日) 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/2820236

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の女:

« アクセスカウンター変更 | トップページ | 先行当選 »