« きのとや 札幌スフレ | トップページ | リヴリーアイランド »

2005年2月27日 (日)

新しい道

東京に行くことが決まって
私は仕事を辞めるしかないと思い込んでいた。
うちの会社は女性が極端に少なく
旦那と一緒に転勤なんて話は聞いたことがないし
人事異動のお知らせに
女性の名前がのることなんてめったにない。

突然こんなことを言われた。

働きたいのなら、受け取り先があるかどうか打診しますよ

と、いきなり言われ悩んでいる。

色んな人に相談をした。
友達には辞めたほうがいいんじゃないかと言われたり
他の人には私なら絶対働くと言われたりした。

いきなり新しい道が開けて戸惑っている。
人間関係、通勤、新しい仕事、家事など不安要素がたくさんある。
ストレスで吹き出物ができる体質なので
以前より肌質は良くなっているが、どうなるかわからない。
この一年、伝説の女との戦いに疲れたし
旦那も私も今より忙しくなってすれ違いが増えるかもしれない・・・

でも、経済的な不安もあるし、まだまだ働きたいし働くのは好きだ。
自分の力を試してみたいという気持ち
やってみたらなんとかなるんじゃないかという気持ちもある。
言葉の通じない国へ行くわけでもないし
家事だって土日休みにまとめてやったり、慣れればなんとかなる。

細木数子の占いでは、私は今年「財政」なので
12年で一番稼ぐ年らしい。
そして大切な人との別れも生ずる年・・・

久々に調べてみたら
不思議と当たってるんだよね。

今の仕事を続けていれば稼ぎはいいと思うし
忙しくしていた方が、寂しさもまぎれる。
やらないで悔やむより、とりあえずやってみようかなという気持ちが
強くなってきている。

今の仕事の引継ぎは、まだ始まっていない。
後任は私がいなくなった後にくるかもしれないので
とりあえず上司に教えるらしいが、大丈夫なんだろうか?

まぁ、伝説の女ではないので安心した。

伝説の女は、自分の存在価値を高めるためなのか
よくわからないが、まわりを貶めることをはじめた。

支社長に「TさんとSさんにセクハラされました」と嘘をついた。
体を触られたとか、土下座して謝ってきたけど許せないとか嘘をついて
支社長に「みんな虐待をするんです。
こんなところにいたくないから異動させてほしい
前にいたところに戻してほしい」
と言ったらしい。
でも支社長は「前にいたところには絶対に戻れない!
営業としてやっていくのが無理なら庶務でもやってくれ」と言ったらしい。

ザマーミロ!

アイツはショックで次の日ズル休みしました。

私の隣のTさんはセクハラ冤罪をきせられたのに
「もう会社にこないんじゃないか・・・」と心配していて
私は「アイツは明日何事もなかったように来る!」と話していた。

次の日・・・

体調が悪いと言って休んだのに
半袖ニットで会社にきた伝説の女。
元気いっぱいに、出張で東京からきた部長に
密着しながら楽しそうにお話してました・・・( ´Д`)キモッ
権力ある人にシッポを振っているのがわかって
予想が当たった私でも唖然としてしまった。

我が家では、伝説の女ネタが流行っている
先週のジャンプを先に読み終えた私はテレビを見ていた。
しばらくして旦那が「今週のジャンプ読むものない~」と言うので
読み終えたんだと思った私は

「あのマンガ○○死んだよね」と言うと

「読んでないのにーーーー!(´д⊂)」と旦那が叫んだ。

私は最初から読むのに対し、旦那は裏表紙を見て何を読むか決めてから読むらしい。
そうとは知らずバラしてしまった。
「虐待だーーーー」とふざけて言う旦那。
少しムカついたので

050201_234201

これをぶつけてやりました。

まぁ、そんなことはさておき
東京で共働きしている方が、もしこれを見ていたら
ご意見下さい。

|

« きのとや 札幌スフレ | トップページ | リヴリーアイランド »

仕事の話」カテゴリの記事

伝説の女の話」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます!嬉しいです。

どこに住むかまだまだ決まる気配はありません・・・
会社でマンションなどを社宅として
借り上げてくれるので一部負担ですみますが
会社が選んできた数件の中から選ぶようです。
そこもネックなんですよね。
働き続けて、社宅より負担は大きくても
自分たちで探して、住みよい街に住むという手もあるなと思います。

投稿: mukku | 2005年2月28日 (月) 01:12

東京では共働きしないと生活は厳しいと
思いますが、一生懸命やれば、ひとりで
子供も育てられます。色々な条件の人を
そのまま受け止める街だと思うけど、
地区で街の雰囲気は全く違います。
どういう街に住みたいかってところも重要
だと思います。。。

投稿: ru-na | 2005年2月27日 (日) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/3092067

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい道:

« きのとや 札幌スフレ | トップページ | リヴリーアイランド »