« 誕生日 | トップページ | ティラミス »

2004年11月 4日 (木)

リフレクソロジー

私は英国式リフレクソロジーの資格を持っている。
英国式リフレを一言で言えば、痛気持ちいい足裏健康法である。
リフレクソロジーとは、リフレク=反射 ソロジー=学問 で「反射学」
体に間接的に刺激をあたえ活性化させる。
リフレを受けるとアルファー波が出るのでストレス解消にもいいのだ。

資格をとったきっかけ
①リフレクソロジーが好き
②「手に職をつけたい」
③前の上司に嫌気がさした  という理由から。

会社に勤めながら、リフレ就職を夢見て
学校に土曜日だけ半年通い、家では家族を練習台にしていた。
最初の授業は講義のみかと思いきや、先生がやって見せて
すぐ二人一組でリフレをやる。
もう汗だく。力いっぱいやってるのに
「全然何も感じないんですけど(-_-)」と言われて、腹が立ったのを覚えている。
授業は実技がほとんどだが、アロマやハーブ、ヒーリング音楽など様々な授業があり
自分の幅が広がった。

今、リフレの仕事はしていない。
サロンで求人出すときにはハガキがくるのだが卒業後一回もこない。
なので仕事を続けている。
でも資格をとって良かったと思う。
よく「疲れない?」「やってて楽しいの?」と聞かれるが
コツがあるので疲れない。
旦那や家族に喜ばれるのは嬉しい。
友達のおじいちゃんが脳梗塞で倒れ左半身麻痺が残り、リフレクソロジーをしてあげた。
始めは恥ずかしそうだったが、だんだん気持ちよさそうになってきて喜んでもらえて嬉しかった。

自分の為にもなるし。
自分の足裏はよく触る。
不調な部分はすぐわかるから、すぐケアする。
リフレをやって変わった事といえば、以前は手が冷たいほうだったのに
今は手をかざすと暖かいオーラのようなものが出てるのではないかと思うぐらい、暖かい。
リフレは自分自身でやると疲れてしまうのが難点。
セルフリフレのやり方が下手なのかもしれないが。

人にやってもらうのが、やっぱり一番!
今日は嫌なことが山盛りだったので、強めの台湾式リフレを受けてきた。
ブチブチとしたかたまり=老廃物がつぶれていくのを感じながら、心地よい浅い眠り・・・
終わった後、靴がブカブカになるのは、いつも相当むくんでいるのか・・・
土踏まず=胃・腎臓・腸など消化器系に疲れがたまっていた。
リフレッシュできました!

家に帰ってゴハン支度。
旦那が帰ってきて「遅いけど誕生日のケーキ」と言って
チーズケーキを買ってきてくれて嬉しかった。
明日もがんばるぞ~!

|

« 誕生日 | トップページ | ティラミス »

美容・岩盤浴・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59196/1865683

この記事へのトラックバック一覧です: リフレクソロジー:

« 誕生日 | トップページ | ティラミス »